729: 名無しの笛の踊り 2014/08/23(土) 21:12:26.52 ID:dDhuJEAy.net
今日の昼の部に行ってきた。ベルリオーズの序曲「ローマの謝肉祭」というと、かつてはこの曲で全日本吹奏楽コンクールの自由曲にしている学校があったが、今ではこんな曲を自由曲に選曲する学校は皆無になった。今金賞がけっこう取れそうな曲というと邦人の吹奏楽オリジナル曲のようで、そんな曲を自由曲に選曲する学校がかなり多い。話がそれてしまったが、今日の演奏では金管と弦楽器がうまく溶け込んでいなかった感じがした。(スケール感を出そうという意図はわかったけど)チャイコンではヴァイオリンソロのテンポの取り方が独特だった。かなりゆったり目のところもあったが、どっちかというと速いテンポでグイグイ押してくることが多かった。でも、音に説得力があったので、けっこうこっちに伝わってくる演奏だった。
ヴァイオリンソロのアンコールは観客には大ウケだった。
今日のコンサートを選んだのは7月に同じ場所で同じ曲を演奏したリヨン国立管弦楽団と比較しようと思ったからだ。
で、その結果はやっぱりリヨン国立管弦楽団の方が音がクリアで聴かせどころもうまかった。
とはいうものの今日の演奏が凄く悪かったということでもなかった。サン=サーンス交響曲 第3番「オルガン付」を生で聴くのは今日で5回目だ。けっこう盛り上がりがあってうまくまとまっている曲で、しかもパイプオルガンも同時に楽しめる。この曲を聴くとサン=サーンスは天才作曲家と思えてしまう。


スポンサーリンク

引用元: 大阪交響楽団 Part7

730: 名無しの笛の踊り 2014/08/23(土) 21:48:06.11 ID:844MAHZ9.net
では、本日の夕方の部について

前回の失敗(あまりの酷い演奏に気持ちが悪くなってしまった)に懲りて、
今回は全く期待せずに行くことにした

「ローマの謝肉祭」の第一音を聴いての感想
ああ、この切れのない弦は相変わらずだな~
この曖昧で、透明感のない弦の音…
前回の演奏よりは幾分ましかなという程度

次ぎのチャイコフスキーの「ヴァイオリン協奏曲」
一見して、ソリストはデブのオタクなのだと思ったが、ただのデブのオタクではなかった
この人かなりうまい、テクニックは相当なものだろう

ソリストの力のある演奏に助けられて、ヴァイオリン協奏曲は結構良かった
また、ソリストによるアンコールが2曲あった
この人、デブのオタクのヴァイオリンがうまいだけの人かと思ったが、
サービス精神もあって、聴衆を盛り上げるのも上手で、
デブのオタクのヴァイオリンがうまいサービス精神旺盛な人だということが分かった

731: 名無しの笛の踊り 2014/08/23(土) 21:52:24.29 ID:844MAHZ9.net
最後、サン=サーンス「交響曲第3番・オルガン付」
弦の切れの悪さは変わらずなのだが、
それに慣れてきてしまったのか、そもそも曲が良かったのか、良く分からんが
演奏に結構聴き入ってしまった

パイプオルガンの荘厳で重量感のある音にオーケストラの演奏が、
良くマッチしており、いい演奏だったと思う

うーん、前回の演奏と比較すると何倍も良くなっている
これは指揮者の差なのだろうか?
演奏終了後にブラボーの声があったが、それも納得のいくものだった

最後に指揮者が退場する際、コンサートミストレスを連れていってしまい、
代わりにアシスタントコンサートマスターが一礼するシーンがあり、結構受けていた

732: 名無しの笛の踊り 2014/08/23(土) 23:44:21.56 ID:voLpw4dZ.net
お昼組ですが、失礼ながらこの単価でこれだけの演奏を聴かせてもらえば
文句ないです。
ソリストさんの変幻自在は730さんの書いた通りですが、あれだけ速く弾くと
それはそれで感動的な部分がありますね。アンコールのパガニーニと
ほぼ自作っぽい「ひばり」も気が利いてました。
それより、冷房効き過ぎで咳が多く、第1楽章終わりで拍手はともかく
声まで掛かって興ざめも良いとこで・・・客層悪すぎ
あと、なんか音が響きすぎるんですよねスピーカー使って増強するなんて
ことありうるんでしょうか?
オルガン奏者(原田さん?)は素晴らしかったですね。
わたしも実演5回くらいですが控えめ且つ端正で最高のできだったと思いました。



サン=サーンス:交響曲第3番
デュトワ(シャルル)
ユニバーサル ミュージック クラシック
2003-06-25