スポンサーリンク

1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 01:12:32.09 ID:???0.net
東京の上野さんが1位 ブラームス国際コンクール
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140906/ent14090600370005-n1.htm
産経新聞 2014.9.6 00:37


 オーストリア南部ペルチャッハで開かれているヨハネス・ブラームス国際コンクールで5日、チェロ部門の決勝が行われ、東京都の上野通明さん(18)が1位になった。

 上野さんは5歳でチェロを始め、桐朋女子高校音楽科(男女共学)を卒業後、現在、桐朋学園大ソリスト・ディプロマ・コース1年に特待生として在籍。
 2009年に「若い音楽家のためのチャイコフスキー国際音楽コンクール」で日本人初の1位を獲得し、10年にルーマニア国際音楽コンクールで1位、12年には東京音楽コンクールで2位となっている。 ヨハネス・ブラームス国際コンクールは欧州で権威あるコンクールの一つで、今年で21回目。6日はピアノ部門などの決勝が行われる。


ent14090600370005-p1

ヨハネス・ブラームス国際コンクールで1位となった上野通明さん(同コンクール提供・共同)

続きを読む

778: 名無しの笛の踊り 2014/08/31(日) 01:13:25.40 ID:sR6tGtW0.net
30年近くクラシック聴いてきて、やっぱりモーツァルトだなぁ…と近頃しみじみ思う。
若い頃は、いわゆるモーツァルト的な響きに飽きた、と思い込んで、ほとんど聴かない時期もあったけど。
モツ大全集をゆっくり聴いていくのがこれからの楽しみになりそうだ。

続きを読む

827: 名無しの笛の踊り 2014/09/04(木) 20:19:28.45 ID:aMD1F6vs.net
ttp://www.nishinippon.co.jp/nnp/oita/article/111568
別府・アルゲリッチハウス 4日着工、来春開館へ

別府市の公益財団法人「アルゲリッチ芸術振興財団」が同市野口原に建設を計画する「しいきアルゲリッチハウス」が4日、着工する。
「別府アルゲリッチ音楽祭」の総監督を務める世界的なピアニスト、マルタ・アルゲリッチさんの功績をたたえ、音楽ホールや展示スペース、練習室などを設ける。2015年5月の開館を目指す。

財団は11年、三洋信販創業者の椎木正和理事(当時)からの寄付金を基に、ハウスの建設を発表。
当初は13年中の完成予定だったが、設計変更などで着工がずれ込んでいた。
約4億円の建設費は椎木氏からの寄付金で賄い、敷地は県有地を無償で借り受ける。

ハウスは敷地面積約3970平方メートル、延べ床面積約790平方メートル。
平屋建てで、約150人を収容できる音楽ホールや、アルゲリッチさん関連の資料を展示するスペースなどを設ける。
アルゲリッチさん自身が利用するほか、一般の音楽家の使用も検討するという。

広瀬勝貞知事は1日の定例記者会見で、「アルゲリッチさんの音楽を楽しむとともに、クラシック音楽の発信拠点になれば」と祝福。
財団は「若手音楽家が練習してデビューする場にもしたい」としている。

続きを読む

89: 名無し行進曲 2014/08/27(水) 20:21:26.12 ID:EotSlIPY.net
早く片付けた金管メンバーが、椅子と机の原状復帰と、打楽器片付けを手伝っているのに。
遅い木管のバカたれは、練習場所を出るぎりぎりまで、自分の楽器の片付けやってる。
木管楽器は、ケースに入れる前に水分をとるのが常識とは理解しているつもりだが。
おしゃべりしながら、手が止まっているのを毎回見てると。腹たってくる。
木管の扱い知らない金管メンバーは、陰で露骨に文句いってる。
そういう俺も直接、注意できないヘタレなわけだが。
そして闇夜の晩に後から突然

続きを読む


↑このページのトップヘ