66index
1: ( ´∀`) ★@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 11:47:04.23 _USER9
7/11(火) 6:00配信

美女とデートした「さかなクン」プレゼントは魚肉ソーセージ

 7月上旬のとある夜。都内のうどん店で女性が笑顔を向けるその先から特徴ある声が聞こえてきた。「ギョギョ~!」っとお馴染みの大きなリアクションは、あの帽子をかぶっていなくても健在だ。

 名物のカレーうどんを食べ終えた2人は、声を弾ませながら駅に向かってゆっくりと夜道を歩く。さかなクン(年齢非公表)がしっかりエスコートする女性は、サックス&フルート奏者の小林香織(35)である。

「日本のみならず、台湾、香港、シンガポール、韓国などアジア各国でCDを発売し、現地でコンサートをおこなうなど活躍の場を世界に広げている。実力はもとよりその美貌でも注目を集め、2012年にはタイのサックス協会から『アジアでもっとも美しいサックスプレイヤー』の称号を贈られた。さかなクンは彼女のことを憧れの人だと公言している」(音楽関係者)

 じつはさかなクン、専門の魚類だけでなくサックスをこよなく愛する音楽家の一面もある。中学、高校時代は吹奏楽部に所属しており、本人いわく「水槽がある部活と勘違いして」入部したらしいが、以来、趣味の域を超えた熱の入れようなのだ。

「さかなクンはサックスを演奏するのはもちろん、コレクションするのも大好き。ソプラノサックス、アルトサッ クス、バリトンサックス、バスサックスなど、かなりの種類と数を所有している。海外のヴィンテージものも集めている」(芸能プロ関係者)

 2016年、テレビCМでその腕前を披露して話題になったが、さかなクンと小林をつないだのがこのサックスだ。

「2人の出会いは3年ほど前。プロが試奏し、自分の名前でお墨付きを与えた個体を『選定品』というが、さかなクンが小林の選定品を購入したのがきっかけだ。その後、関係者を通じてさかなクンの目の前で選定したことから、交流が始まった」(前出・音楽関係者)

 話を当日に戻そう。午後9時を過ぎてもまだ蒸し暑かったこの夜だが、カフェに場所を移しても2人の笑顔は絶えない。午後10時、閉店時間となったところで店を後に。名残り惜しそうに互いに持ってきたプレゼントを交換し、この夜はここで解散。それぞれの家路についたのだった。

 ちなみに、さかなクンから小林へのプレゼントは、大手水産会社の魚肉ソーセージだった。さすが、徹底している。

 後日、本誌は2人の関係を所属事務所に問い合わせたが、ともに「音楽仲間」だと回答。だが、2人はただの仲間ではない。語り合う夢があるのだ。

「昨年は小林のライブにさかなクンが飛び入り参加した。水族館でのライブを今後の夢としてよく話し合っている。子供たちに聴かせたいと願っているが、都合のつく水族館は見つかっていないようだ」(前出・芸能プロ関係者)

 夢を語る2人の今後は神のみぞ知る。

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170711-00010000-flash-ent

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1499741224/続きを読む

スポンサーリンク

d3324f9464395ebc70e3c7ed63feca5a
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/19(水) 16:09:05.825
『きらきら星変奏曲』
https://www.youtube.com/watch?v=bIsuJugokhY



『トルコ行進曲』
https://www.youtube.com/watch?v=87rXpAULC2M



『ソナチネ』
https://www.youtube.com/watch?v=qdGtoegv93Y



『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』
https://www.youtube.com/watch?v=E_C4oXDrOQc



『ホルン協奏曲第1番』
https://www.youtube.com/watch?v=tQkrNkkq5h0



『交響曲第25番』
https://www.youtube.com/watch?v=Ou4wFOPLohM



『レクイエム』1:00~
https://www.youtube.com/watch?v=dHsyNRgBojw





だけどみんなモーツァルト作曲ということを知らない

引用元: http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1500448145/続きを読む

music_Bach
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 17:07:45.45 _USER9
http://news.livedoor.com/article/detail/13321615/
2017年7月11日 15時10分 トピックニュース

10日放送の「痛快!明石家電視台」(毎日放送)で、お笑いコンビ・タイムボムのニックが驚きの生活ぶりを明かした。

番組にはニックが初登場。彼は母親がドイツ系アメリカ人で、その祖先が音楽家バッハという家柄だという。
そんなニックは幼少からお金に困ったことがなく、芸人となり息子がいる現在でも、母親から毎月100万円の仕送りを受けているそう。

また、2歳の息子はモデルをこなしているそうで、ニックは「ママの仕送りと子どものギャラで生きていける」と自虐コメントで笑いを誘っていた。品川祐によると「(息子のギャラが)けっこういい」らしい。

そんな他力によって十分生活を営めるニックに対して、さんまは「笑いに対するハングリー精神がちょっと薄れるやろうけどな」「100万もらってる間は(ハングリー精神は)でえへんて」と懸念を示している。

さらに、ニックは中学生のときにもらったクリスマスプレゼントにまつわる逸話を披露した。
なんでも、母親に録音用のソフトウェアをねだったところ、自宅の隣に5000万円かけてレコーディングスタジオを新築してくれた、というのだ。ニックの実家の金持ちぶりには共演者らも目を丸くしていた。

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1499760465/続きを読む


↑このページのトップヘ